ワセリンは、アトピーの治療に直接的に効果を発揮する訳では

ワセリンは、アトピーの治療に直接的に効果を発揮する訳ではありませんが、補助手段として大いに役立ってくれる基本アイテムです。
通常の人よりも乾燥しやすい肌をガードしてくれる頼もしい存在でもあります。
乳児から高齢者まで幅広い層に使用可能で、日常品としても安心して使えるのもメリットです。
ワセリンは、石油を精製してできるものであり、安全性が非常に高いことは、これまでの利用状況からも実証済みです。
皮膚への刺激が少なく、アトピーであろうが安心して利用できるため、皮膚科やアレルギー科などでも処方されることがあります。
アトピー患者にとっては、肌の保湿のための利用が主な目的ですが、ワセリンそのものには、保湿成分はありません。

肌の水分の蒸発を抑える作用があるため、

肌の水分の蒸発を抑える作用があるため、結果的に保湿効果をもたらしているのです。
アトピーの場合、皮脂の量が通常よりも不足しがちで、雑菌などが侵入しやすく、容易にアレルギー反応へつながってしまう傾向があります。
ワセリンで皮脂の不足分を補うようにすれば、健康な肌と同等な状態に持っていくことは十分に可能です。
あえてデメリットを挙げるとすれば、塗ったら肌がベトベトするので少々扱いが難しいことでしょう。
お風呂上がりに塗布するなど、日常生活への影響を最小限に抑えようと、ユーザーはそれぞれ使用方法を工夫しているようです。
ワセリンは、皮膚科などで処方されることもありますが、薬局やドラッグストアでも簡単に手に入ります。
庶民的な価格設定であることもあり、アトピー改善への強力なサポーターとしての風格は十分に備わっています。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ