アトピーなどアレルギー性の皮膚炎は、

アトピーなどアレルギー性の皮膚炎は、湿疹ができるのが特徴で、原因としては遺伝的な要素が大きいことが指摘されています。
生まれ付きの素地に加え、環境汚染やストレスなども原因に挙げられ、患者数は先進国では特に増加していることが指摘されています。
アトピーは、生後数か月から発症し、湿疹や赤みとなって現れ、かゆみを伴うこともあります。
大体、小学校入学の前後には治まるのが大半ですが、思春期から成人にかけても再発するケースがあります。また、子供の頃は何ともなくとも、大人になってから発症するケースもあり、この場合は、体質的に元々素地を持っていたと言えます。

アレルギーによる皮膚炎の治療は、

アレルギーによる皮膚炎の治療は、皮膚科かアレルギー科が担当領域です。湿疹が現れた部位へステロイド剤を塗布する治療方法が採られることが大半ですが、最近では、ステロイドに対する拒否反応を訴える向きが増加した事情もあり、漢方も併用するなど、治療方法も多様化が進む傾向があります。
アレルギー反応は、現れる人には現れるものですが、たとえ体質がそうであっても、ある程度は予防も可能です。
血液検査でIgE値を測定するなどして、湿疹の原因となる物質を特定し、接触する機会を極力減らすことです。
食べ物にも細心の注意を払い、アレルギー症状を起こし得るものは絶対に口にしないことです。
衣服は清潔を保ち、こまめに入浴もします。
石鹸など、肌に直接つけるものは、なるべく刺激の少ないものをすることです。
室内の換気も重要で、ダニの死骸など、ハウスダストを吸い込むのを極力防ぐのです。
それでも、湿疹が現れたら、爪でひっかくのは論外で、何はさておき早急に治療することが何よりです。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ