誰しも、新薬が開発されることで、

誰しも、新薬が開発されることで、高い効果が望める上に、体への負担や治療期間が減らせれば、それに越したことはありません。
アトピー治療は、まだまだ知られていないことが多く、難関中の難関に数え挙げられるのでしょうが、それでも進歩は日進月歩の状況を呈しています。
西洋医学的に、伝統的なアトピー治療薬といえば、ステロイド外用薬が代表的なところですが、医師の指示に従って適切に使用すれば大丈夫とはいえ、未だに不安感を抱く患者は跡を絶ちません。
そんな根深い不信感が背景にあってか、新薬が次々と生み出されるに至ったのでしょう。
今や多くが知るところとなった、タクロリムス外用薬は、新薬というより、もはや定番薬の部類に入ります。
元々、日本の製薬会社が開発した免疫抑制薬だったのですが、アトピーの治療に対しても、世界各国で承認され、広く使われるまでになっています。

新薬は、現在でも開発が進められ、

新薬は、現在でも開発が進められ、最近では「NF-κBデコイ軟膏」が目新しいところです。
「核酸医薬」の別名にある通り、人工的に作った遺伝子そのものを薬剤としたものです。
タクロリムス外用薬と比較すれば、肌へのヒリヒリ感は少なく、副作用の心配もないと将来的にも有望です。
また、「シクロスポリン」(商品名としては「ネオーラル」)は、2008年秋に健康保険の適用を受けています。
当初、臓器移植における拒絶反応を抑えるための薬として利用されてきたものですが、今ではアトピーの新薬としても注目されています。
免疫抑制薬の一つであり、従来の薬では効果を上げることのできなかった、免疫の異常が主原因と思われる難治性のアトピー患者に対して、一定の効果を上げていると言います。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ