貴重な美肌成分として最近メキメキと頭角を現しているプラセンタ

貴重な美肌成分として最近メキメキと頭角を現しているプラセンタが、アトピー性皮膚炎の治療にも効くと評判になっています。
ステロイド剤に代わるアレルギー症状の改善策となり得るのか、医療関係者からも注目度大のようです。
英語で「胎盤」を意味するプラセンタ(placenta)には、糖質、脂質、タンパク質、必須アミノ酸を含めた多種類のアミノ酸、ビタミン類、カリウムやリンなどのミネラル類、酵素類......と、胎児の栄養源として重要な役割を担っているだけに栄養価の点ではこれに勝るものはないと言わんばかりです。
アトピー改善にも良いらしいとは、初めは偶然に発見されたのかもしれませんが、今では一部の医療機関で治療に取り入れられ、アトピー患者にとっては選択肢の拡大につながっています。

プラセンタには、抗炎症作用、細胞の活性化作用、

プラセンタには、抗炎症作用、細胞の活性化作用、自律神経の調節作用、活性酸素の除去作用、血行促進作用、抗炎症作用などが確認されています。
現在も千葉大学などで研究が進められている状況ですが、各種の働きが相乗効果で、アトピーが改善されるという基本的な線は確実のようです。
これまで、アトピー治療といえばステロイド剤が主流ですが、長期にわたる治療で肌が弱くなったりなど不安や不満を抱く患者も多いものです。
プラセンタは、副作用はまず心配ないのがメリットで、かゆみからも解放されると、総じて満足度は高いようです。
ただ、プラセンタ注射は、現在のところ国民健康保険が適用されず、少々費用がかさむのが痛いところです。
注射ほどの即効性は見込めないにせよ、有効成分を詰め込んだサプリもあり、アトピー改善への新たな選択肢として有望視されつつあります。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ