乳酸菌は、ヨーグルトや漬物などの発酵食品に

乳酸菌は、ヨーグルトや漬物などの発酵食品に含まれるなど、人間とは長い付き合いを続けている微生物です。
これまでにも各種の効能が明らかになっていますが、アトピーにも効くらしいと、口コミで評判が高まっています。
乳酸菌は、善玉菌の代表格に挙げられ、人間の腸内環境を整える働きなどで知られています。
さらに免疫力の向上といった一面もあり、健康維持の重要なアイテムとして積極的に摂取しようとの動きも盛んになっているのは周知の通りです。
人間の体内には、元々雑菌などの侵入に抵抗するための免疫力が備わっているのですが、この抵抗機能が過剰に働き出すと、体内の免疫系がバランスをくずし、アトピー性皮膚炎など各種アレルギー反応となって現れます。乳酸菌は、くずれてしまった免疫機能のバランスを調整する働きがあり、結果として、アトピー改善にも結び付いていくというのが、基本的なメカニズムと目されています。

乳酸菌の1日当たりの摂取量の目安は、

乳酸菌の1日当たりの摂取量の目安は、10億~100億個と言われています。
過剰に摂取しても、副作用は特にないようですが、一度に大量に摂取しても、アトピーが早く治る訳ではないので、サプリメントの場合は、メーカーが定めた目安を守るのが原則です。
乳酸菌を多く含む食品といえば、ヨーグルトが真っ先に頭に浮かんできますが、大手乳業メーカーを中心に新種の菌の発見が相次ぎ、ヨーグルトを始めドリンク、錠剤など、サプリメントへも応用されています。
アトピーの改善を目的とするなら長期にわたる摂取を続ける必要があるとは大方のユーザーの一致した見解ですが、費用的にもそれほど負担にもならず、症状改善への選択肢としては十分に合格点に達しています。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ