アトピーの治療というと、外用薬として塗り薬を利用するといったイメージ

アトピーの治療というと、外用薬として塗り薬を利用するといったイメージが強いのでしょうが、飲み薬も症状に応じて併用されることがあります。
主にかゆみを抑えるのが目的です。
対アトピーの飲み薬は、抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬が二大柱です。
抗ヒスタミン薬は、かゆみの原因であるヒスタミンの働きを抑えます。
抗アレルギー薬は、ヒスタミンなどを分泌する肥満細胞に働きかけ、かゆみや炎症を抑えるものです。
とは言え、アトピーに伴うかゆみの原因は、ヒスタミンに限ったことではなく、他にもさまざまな要因が関連し複合して起こると考えられ、飲み薬を飲んだだけでは、症状を全て抑えることは不可能です。
治療に当たっては、皮膚に塗る外用薬なども併用され、それぞれの薬のメリットを生かして、タッグを組んで症状を抑え込んでいきます。
言うまでもなく、子どもの場合は、体が小さく、飲み薬の量も種類も限定されるので、服用に当たっては医師の指示に従います。

また、アトピー向けに錠剤だけでなく、

また、アトピー向けに錠剤だけでなく、シロップや粉薬タイプのものもあり、子どもでも飲みやすいものとなっています。
最近では、ニューフェースとして、シクロスポリン、商品名ネオーラルが評判になっています。
本来は、臓器移植の際の拒絶反応を抑えるために利用されていたのですが、アトピーの難治性の患者に対して、医師の診断の下に使われることがあります。
また、西洋医学が全盛のような昨今においても東洋医学に対する要望には根強いものがあり、漢方に則った飲み薬も、割と人気が高いようです。
アトピーに対しては、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などが用いられ、患者の「証」に応じた処方がなされます。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ