アトピーで肌に黒ずみができることがありますが、

アトピーで肌に黒ずみができることがありますが、主な原因は色素沈着によるものです。
肌に炎症が起き、炎症がとりあえず収まった後も、その跡が黒ずんでしまうのです。
適切にケアをすれば、通常3か月から半年ほどで改善されていくものですが、アトピーの症状がひどい場合、さらに時間がかかることがあります。
黒ずみを解消するには、何よりも原因となったアトピーを治すことが先決です。
塗り薬系では、ビタミンC、コウジ酸、ハイドロキノンなどが、このところ評判の高いものです。
ビタミンCやコウジ酸は、即効性はないにしても自然な感じに目立たなくなっていく点で、間違いは少ないと言えます。

ハイドロキノンの美白効果は多くが認めるところですが、

ハイドロキノンの美白効果は多くが認めるところですが、日本人など黄色人種が使うと、黒ずみが脱色されたようになるまでは良かったものの、塗ったところだけが周囲から目立ってしまうリスクはあります。
使用に当たっては、医師と相談した上で、各人の肌の状態に応じ、適切に薬を使い分けるのが鉄則です。
一方、長年の実績に裏打ちされた漢方も、アトピー治療分野においても健闘しています。
漢方では、黒ずみを解消するために、コレコレの薬と一律に処方するのではなく、漢方医の見立てで各人の「証」に応じ、オーダーメイドの処方がなされます。
長年にわたる伝統という点では、温泉療法も根強い人気を誇っています。
一般に、アトピーに効果的と評判の温泉は、食塩泉や酸性泉が大半でありますが、どちらにしても刺激の強い泉質で、バリア機能が弱まり、炎症が起きている状態の肌には、黒ずみを解消するどころか、逆効果になることがあります。
利用するなら、医師との事前の相談が不可欠です。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ