漢方は、対症療法的な西洋医学とは対照的に、

漢方は、対症療法的な西洋医学とは対照的に、体を全体的に捉え、体の中から治していくのを旨とし、アトピー性皮膚炎の改善にも効力を発揮するとされています。
自然素材主体のイメージもあり、穏やかな治療法として注目度は高まる一方です。
漢方では、患者をいくつかの証(タイプ)に分類し、アトピー治療においても、専門知識を有する漢方医が患者の肌の状態などを観察した上で、証に応じ生薬の配合がなされます。
また、初期段階では「標治」、長期的には「本治」と、段階に応じて配合具合を変えるのも特徴です。
例えば、アトピーの初期段階であれば、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)が使用されます。
標治と本治を同時に行う場合は、消風散(しょうふうさん)や荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)も使用されるケースが多いようです。

さらに漢方では、かゆみを伴う場合は温経湯(おんけいとう)、

さらに漢方では、かゆみを伴う場合は温経湯(おんけいとう)、手足が冷え乾燥気味の場合は当帰飲子(とうきいんし)、体力も低下している場合は補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や五苓散(ごれいさん)が使用されることもあります。
漢方薬は、安全だと一般に認識されていますが、使い方を間違えれば副作用もあり得ます。
アトピー治療に利用するに当たり、専門家の指示を仰ぐのは大前提となります。
現代でも、漢方に対する否定的な見方は、一部の皮膚科医に見られます。
一方、ステロイドを悪の根源のように言う意見もあり、アトピー患者当人にしてみれば、何が正しいのか当惑されるばかりです。
もっとも、西洋医学を基本としながらも、生薬を治療に取り入れるなど、柔軟な考えを持った医師も増加しているのも事実です。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ