アトピーで肌が荒れた状態であると、保湿剤選びも一苦労です。

アトピーで肌が荒れた状態であると、保湿剤選びも一苦労です。
値段だけで見て、むやみなものを使おうものなら、肌の状態が却って悪化してしまう悲劇が待っています。
誰にでも使える保湿剤というのは、存在し得ないのでしょうが、今のところ使用頻度が一番高いのは、昔ながらのワセリンでしょう。
ワセリンを塗ると、皮膚の表面に油膜が形成されることでバリアが形成され、外部からの刺激から肌をガードしてくれ、アトピーでも使えます。
一つ難を挙げれば、べとつきやすいことですが、風呂上がりなどで肌の水気が抜け切っていない状態で塗れば、伸びも良くなり、塗った後は、タオルで肌の上からそっと抑えるようにして水気を取るようにすれば、べた付きもあまり気にならなくなります。

基本的に、アトピー性皮膚炎の患者は、

基本的に、アトピー性皮膚炎の患者は、肌のセラミドが不足している状態にあります。
美肌成分として認知度は高く、保湿剤に配合すれば適当と考えるのは自然の道理でしょう。
ただ、市販薬は濃度が低く、アトピーへの効果はそれほど期待できず、かと言って濃度を上げれば値段が高くなるのが痛いところで、将来的に大量生産が可能になれば、多少はリーズナブルな保湿剤になるものと目されます。
最近の保湿剤は、アミノ酸、ムコ多糖、植物抽出成分配合など、バラエティーに富んでいますが、アルコール入りやオイルフリーのものは、スッキリとした使い心地がメリットである半面、肌が乾燥しやすくなり、アトピー患者には不向きです。
自然素材というところでは、馬油やホホバオイルなどに関心が集まっています。
美肌成分としても評判は高く、自分の肌との相性をチェックがてら、試してみる価値大です。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ