肌の健康には、スキンケアが欠かせませんが、

肌の健康には、スキンケアが欠かせませんが、気温が上昇し湿度も高くなる夏場は特に、あせもができやすくなり要注意です。
アトピー体質である場合、とびひなどを併発する可能性大で、なおのこと念入りなケアが必要とされます。
アトピーのケア方法の基本は、肌を清潔に保ち、かつ乾燥を防ぐことにありますが、通常、入浴は1日1回で十分で、それほど神経質になる必要はありません。
外出時には、ウェットティッシュや濡れタオルを持参し、汗をこまめに拭きとると良いでしょう。

アトピーになると、塗り薬を利用する機会が多くなりますが、

アトピーになると、塗り薬を利用する機会が多くなりますが、暑い季節には汗で容易に薬が流れ落ちていきます。2、3時間毎に、肌に残った薬をふき取ってから、塗り直すことが必要になります。
また、睡眠中は結構多量の汗をかくので、起きぬけにシャワーを浴びるのも、良いあせも対策です。
アトピーであると、着るものにも注意が必要です。
例えば、化学繊維の肌着は、デザイン的にも種類が豊富で人気がありますが、汗を殆んど吸収しない素材でもあり、知らずに肌を刺激し、あせもを悪化させることがあります。
肌着は、通気性が良く汗をよく吸収する木綿が、肌の健康を考えて理想的です。
アトピーに対するケアを考えると、全く冷房をかけないのは、あせもができやすくなりオススメできませんが、逆に冷え過ぎもNGです。
冷房の設定は28℃といいますが、外気温との差が5℃程度に収まるくらいが目安となります。
一般に、子どもは大人と比較して暑がりの傾向があるので、様子を見ながら温度を調節します。
冷房や除湿を使用している時でも、2、3時間毎に窓を空け換気に努めれば、心も健康的になります。

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ