アトピーの化粧水選びトップページ > アトピー肌と化粧水について > アトピー肌の特徴のひとつがセラミド不足

アトピー肌の特徴のひとつがセラミド不足

乾燥肌や、それに伴う痒み・炎症などの辛い症状が出てしまうアトピー性のお肌。
このような症状を抱えている方にとって、毎日のスキンケアはとても大切です。 

アトピー肌の特徴のひとつにセラミド不足があります。
セラミドとは人間の肌にもともとある成分のひとつで、肌細胞の間に存在し、水分や油分をため込んでくれる優れた保湿成分です。

このセラミドは水分の蒸発を防ぐとともに、外的刺激が肌の奥へ伝わるのを防いでくれています。
アトピー肌は何らかの原因でセラミドが不足してしまっています。
そのため、アトピー肌のスキンケアにはセラミド配合の化粧水やクリームで肌にたっぷりとうるおいを与え保湿してあげる事が欠かせません。
特に、化粧水は肌が求めるだけの水分を与える事が大切です。
そうする事で肌水分の蒸発を防ぎバリア機能を改善します。
バリア機能で肌水分をしっかり保持し、さらに紫外線やダニ・ハウスダストなどの外部刺激による乾燥・炎症の発生を抑えます。
アトピーでも重度の炎症の場合は油分でしっかり外部刺激をガードし、あまりにもひどい場合は弱めのステロイドを使用する場合もあります。


アトピー対策にはセラミド入り化粧水

いまいちど書きますが、アトピー肌の方は、セラミドが不足することによる皮膚の乾燥を防ぐことが最も重要となってきます。
何故なら、セラミドは皮膚の水分や油分を保つ役割を持っており、セラミドが失われ皮膚が乾燥することにより、表面のバリア機能が失われてしまうからです。
このバリア機能を失うと、少しの刺激でも皮膚が傷つきやすくなったり、細菌の侵入や繁殖を促進させてしまうことになります。
アトピー肌の方が、痒みや炎症を伴う皮膚炎になりやすいのはこのためです。 

これらの症状に悩んでいらっしゃる方にお勧めなのが、セラミドを含んだ化粧水などのケア用品を使用することです。
セラミドには、前述のとおり保湿に伴い外部からのバリア機能を保持してくれる効果があります。
セラミドと同じような働きをする成分で有名なものはヒアルロン酸やコラーゲンなどもあげられます。

このような効果のある化粧水などを求めていらっしゃる方は、アトピー肌も含めて、様々な症状を持ったデリケートな肌の方が利用していることが多いため、無添加・無着色の製品が多くなっているのが特徴のひとつです。
この点においてもアトピー肌の方にお勧めできる製品であるといえます。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ