アトピーの化粧水選びトップページ > アトピーと食べ物 > 日本人の食生活で、戦後もっとも変化したのは、脂肪の摂取量であると言われます。

日本人の食生活で、戦後もっとも変化したのは、脂肪の摂取量であると言われます。

日本人の食生活で、戦後もっとも変化したのは、脂肪の摂取量であると言われます。
言い換えれば、野菜や魚の消費が減り、逆に肉類の消費が増えたということで、食べ物の変化と、アトピーの増加ときれいに符合しているようにも見えます。

食の欧米化と同時進行で、現在ではファストフードやスナック菓子が、幅を利かせています。
人気の高いハンバーガーや揚げ物などには、こってりとした脂分が多く、アトピーを悪化させる食べ物の代表格とさえ言えるのです。

牛肉や豚肉の脂身、マーガリンや多くの植物油に含まれるリノール酸など、アレルギーに対し良くない油として挙げられます。
リノール酸は、菓子類や加工食品に使用されることも多く、肌の炎症を促させる働きがあるため、過剰な摂取は控えたいものです。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ