発症に至るまでには、

発症に至るまでには、元々の原因に加え、後天的な環境による要素が、いかに大きいかがうかがえる話です。
数々の原因から引き起こされる「条件」さえ整ってしまえば、皮膚上の真菌や常在菌が暴走を始め、肌荒れを引き起こし、肌のバリア機能が低下することにより、ダニなどのアレルギー抗原にさらされやすい状況になり、ついにはアトピー性皮膚炎に至ってしまうのです。
アトピーは、投薬などにより見かけ上の症状が治まったとしても、素地は残ったままであり、その意味では一生治らない病気であると言えます。
それでも、近視の人がメガネをかけるように、皮膚科やアレルギー科医の専門的な治療に加え、スキンケアや食事を適正化すれば、恐るるに足らずです。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ