アトピーの化粧水選びトップページ > ビオチンとアトピー > アトピー患者の中には、肝心のビオチニダーゼが標準よりも少ないケースがあり、

アトピー患者の中には、肝心のビオチニダーゼが標準よりも少ないケースがあり、

アトピー患者の中には、肝心のビオチニダーゼが標準よりも少ないケースがあり、不足分を補ってやると、比較的短期間に症状が改善されることは多々あります。
ビオチニダーゼの測定は、健康保険の適用外となることから、通常、検査が実施されることはありませんが、目、鼻、口など、粘膜に近い皮膚に症状が出たり、下痢しやすかったりすることから大体の見当は付きます。
また、生卵の白身に含まれるアビジンという糖タンパク質は、ビオチンと結合して活性を失わせる性質を持っていることから、生卵の過剰摂取は避けたいものです。反対に、食物アレルギーだからと、ビオチンを多く含む豆類を除去することで欠乏症に至り、アトピーに結び付くケースもあります。
これなぞも、食事バランスを整えるだけで、かなり改善される可能性はあります。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ