アトピーの化粧水選びトップページ > ビオチンとアトピー > ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種です。

ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種です。

ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種です。
ビタミンHとも呼ばれます。
ここで出てくる"H"とは、ドイツ語の「皮膚(Haut)」の頭文字で、肌の健康に大きく関連していることを示しています。
不足すれば数々の皮膚症状が起こり、アトピーにも関係している点で注目を集めるまでになっています。
本来、ビオチンは腸内細菌で産生されるもので、不足するというのは非常にレアなケースです。
まれに先天的な代謝異常や食事が原因で欠乏すれば、アトピー性皮膚炎などの皮膚症状となって現れることもあります。
そこで、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬などで治療を続けつつ、バランスの取れた食事で栄養の偏りを改善することが、アトピーの基本的な治療方法となるのです。
ビオチンが体内で正常に働くためには、ビオチニダーゼという酵素が必要です。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ