アトピーの化粧水選びトップページ > 大人のアトピー性皮膚炎 > 世間では、アトピー性皮膚炎とは乳児や子どもがなる病気とのイメージ

世間では、アトピー性皮膚炎とは乳児や子どもがなる病気とのイメージ

世間では、アトピー性皮膚炎とは乳児や子どもがなる病気とのイメージが強いものです。
ところが近年、大人でも発症するケースが見られ、従来の見方では対応しきれないものがあります。
大人になってからのアトピー性皮膚炎には、幼少期にかかって一旦は完治したものの、成人後に再発したもの、あるいは幼少期からの症状が成人後にも継続しているものが挙げられます。
そして、子どもの頃には何ともなかったのに、成人後になって発症するケースもあり、これが近年、目立って増加傾向にあるのです。
子どものアトピー性皮膚炎では、肘や膝の内側に炎症が起きやすいのが特徴です。
大人では、顔や首の赤みが目立つ傾向があり、膝や膝の外側が炎症を起こしやすくなるのが特長です。
大人のアトピー性皮膚炎の治療方法は、基本的に子どもとそう変わるものではありません。
ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬で炎症を抑えることに努めつつ、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬でかゆみを抑えるのが主眼です。

関連エントリー

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ