新着情報【2012年11月】

アトピー患者の中には、肝心のビオチニダーゼが標準よりも少ないケースがあり、不足分を補ってやると、比較的短期間に症状が改善されることは多々あり

ビオチンとアトピー[2012年11月12日UP!]

ビオチンとは、水溶性ビタミンの一種です。 ビタミンHとも呼ばれます。 ここで出てくる"H"とは、ドイツ語の「皮膚(Haut)」の頭文字で、肌

ビオチンとアトピー[2012年11月12日UP!]

炎症に対するケア方法は、子供の場合と大体共通していて、肌の乾燥は最大の敵です。 自分の肌質に合った保湿剤を使って、肌の保護に努め、清潔に保つ

大人のアトピー性皮膚炎[2012年11月12日UP!]

世間では、アトピー性皮膚炎とは乳児や子どもがなる病気とのイメージが強いものです。 ところが近年、大人でも発症するケースが見られ、従来の見方で

大人のアトピー性皮膚炎[2012年11月12日UP!]

基本的に、アトピー性皮膚炎の患者は、肌のセラミドが不足している状態にあります。 美肌成分として認知度は高く、保湿剤に配合すれば適当と考えるの

アトピーと保湿剤[2012年11月12日UP!]

アトピーで肌が荒れた状態であると、保湿剤選びも一苦労です。 値段だけで見て、むやみなものを使おうものなら、肌の状態が却って悪化してしまう悲劇

アトピーと保湿剤[2012年11月12日UP!]

新薬は、現在でも開発が進められ、最近では「NF-κBデコイ軟膏」が目新しいところです。 「核酸医薬」の別名にある通り、人工的に作った遺伝子そ

アトピーの新薬[2012年11月12日UP!]

誰しも、新薬が開発されることで、高い効果が望める上に、体への負担や治療期間が減らせれば、それに越したことはありません。 アトピー治療は、まだ

アトピーの新薬[2012年11月12日UP!]

アトピー対策のためにも、服選びの際は素材にも十分注意を払う必要があります。 夏は夏で、肌の露出度は年間を通じて一番大きく、紫外線の直撃を受け

アトピーと首[2012年11月12日UP!]

首は、顔面と並んで、他の部位より皮膚が薄くなっています。 従って外界からの刺激を受けやすく、アトピー性皮膚炎を発症しやすい部位であると言えま

アトピーと首[2012年11月12日UP!]

ハイドロキノンの美白効果は多くが認めるところですが、日本人など黄色人種が使うと、黒ずみが脱色されたようになるまでは良かったものの、塗ったとこ

アトピーの黒ずみ[2012年11月12日UP!]

アトピーで肌に黒ずみができることがありますが、主な原因は色素沈着によるものです。 肌に炎症が起き、炎症がとりあえず収まった後も、その跡が黒ず

アトピーの黒ずみ[2012年11月11日UP!]

また、アトピー向けに錠剤だけでなく、シロップや粉薬タイプのものもあり、子どもでも飲みやすいものとなっています。 最近では、ニューフェースとし

アトピーの飲み薬[2012年11月11日UP!]

アトピーの治療というと、外用薬として塗り薬を利用するといったイメージが強いのでしょうが、飲み薬も症状に応じて併用されることがあります。 主に

アトピーの飲み薬[2012年11月11日UP!]

腸内環境が良好であるか、直接調べるのは無理がありますが、便の状態から、かなり正確に推測できます。乳児の便は黄色や茶色が標準的ですが、緑がかっ

アトピーとヨーグルト[2012年11月11日UP!]

ヨーグルトが、アトピーに効くと、ブログなどでも体験談が散見されます。 誰にでも効果が発揮される訳ではないようですが、高価な薬品を使い続けるよ

アトピーとヨーグルト[2012年11月11日UP!]

アトピーになると、塗り薬を利用する機会が多くなりますが、暑い季節には汗で容易に薬が流れ落ちていきます。2、3時間毎に、肌に残った薬をふき取っ

アトピーとあせも[2012年11月11日UP!]

肌の健康には、スキンケアが欠かせませんが、気温が上昇し湿度も高くなる夏場は特に、あせもができやすくなり要注意です。 アトピー体質である場合、

アトピーとあせも[2012年11月11日UP!]

乳酸菌の1日当たりの摂取量の目安は、10億~100億個と言われています。 過剰に摂取しても、副作用は特にないようですが、一度に大量に摂取して

乳酸菌とアトピー[2012年11月11日UP!]

乳酸菌は、ヨーグルトや漬物などの発酵食品に含まれるなど、人間とは長い付き合いを続けている微生物です。 これまでにも各種の効能が明らかになって

乳酸菌とアトピー[2012年11月11日UP!]

症状改善の見地からも、アトピー患者は、特に意識して摂取が望ましいと目されています。 ところが、現代人には、この大切な成分が大幅に不足している

酵素とアトピー[2012年11月11日UP!]

アトピーは、生れ付いての体質がベースとなり、他にもさまざまな要因が絡んでいるらしいことは、多くの専門家の共通した見解です。 症状を改善させる

酵素とアトピー[2012年11月11日UP!]

さらに漢方では、かゆみを伴う場合は温経湯(おんけいとう)、手足が冷え乾燥気味の場合は当帰飲子(とうきいんし)、体力も低下している場合は補中益

漢方とアトピー[2012年11月11日UP!]

漢方は、対症療法的な西洋医学とは対照的に、体を全体的に捉え、体の中から治していくのを旨とし、アトピー性皮膚炎の改善にも効力を発揮するとされて

漢方とアトピー[2012年11月11日UP!]

肌の水分の蒸発を抑える作用があるため、結果的に保湿効果をもたらしているのです。 アトピーの場合、皮脂の量が通常よりも不足しがちで、雑菌などが

ワセリンとアトピー[2012年11月11日UP!]

ワセリンは、アトピーの治療に直接的に効果を発揮する訳ではありませんが、補助手段として大いに役立ってくれる基本アイテムです。 通常の人よりも乾

ワセリンとアトピー[2012年11月11日UP!]

プラセンタには、抗炎症作用、細胞の活性化作用、自律神経の調節作用、活性酸素の除去作用、血行促進作用、抗炎症作用などが確認されています。 現在

プラセンタとアトピー[2012年11月11日UP!]

貴重な美肌成分として最近メキメキと頭角を現しているプラセンタが、アトピー性皮膚炎の治療にも効くと評判になっています。 ステロイド剤に代わるア

プラセンタとアトピー[2012年11月11日UP!]

アレルギーによる皮膚炎の治療は、皮膚科かアレルギー科が担当領域です。湿疹が現れた部位へステロイド剤を塗布する治療方法が採られることが大半です

アレルギーと湿疹[2012年11月11日UP!]

アトピーなどアレルギー性の皮膚炎は、湿疹ができるのが特徴で、原因としては遺伝的な要素が大きいことが指摘されています。 生まれ付きの素地に加え

アレルギーと湿疹[2012年11月11日UP!]

また、「薬用」と書いてあるものは、肌を刺激する成分が入っている可能性もあり、アトピー用としては避けた方が無難でしょう。 最近では、自然成分と

アトピーと石鹸[2012年11月11日UP!]

アトピーの場合、石鹸を選ぶ段階からして、慎重を期して過ぎることはありません。 洗濯を間違えれば、症状が却って悪化してしまうことさえあります。

アトピーと石鹸[2012年11月11日UP!]

発症に至るまでには、元々の原因に加え、後天的な環境による要素が、いかに大きいかがうかがえる話です。 数々の原因から引き起こされる「条件」さえ

アトピーの原因[2012年11月11日UP!]

アトピーの原因は、現在においても完全に解明されたとは言えません。 それでも、ある程度は遺伝が関係しているらしいというのは多くの関係者が認める

アトピーの原因[2012年11月11日UP!]

いくら清潔第一だからといって、洗い過ぎるのは考え物です。 皮脂が必要以上に洗い落とされれば、アトピーの悪化へ直結します。 アトピーの場合、肌

アトピーとスキンケア[2012年11月11日UP!]

アトピーの改善には、適切な治療と並び、スキンケアも重要な柱に位置付けられています。 通常よりも肌がデリケートにできていることを認識し、適切な

アトピーとスキンケア[2012年11月11日UP!]

サプリが果たして真正であるかどうか見極めることは、ユーザー個人の体質などの問題もあり、判定には困難を極めることでありますが、値段は一応の判断

アトピーとサプリ[2012年11月11日UP!]

サプリでアトピーが治るのか。ステロイド剤に対する不安の高まりを受け、世間の関心は比較的高いようであります。 ブログなどにも、私はコレで治りま

アトピーとサプリ[2012年11月11日UP!]

ただ、油を含んだ食べ物は、全面的に悪い訳ではなく、シソ油やエゴマ油に多いα-リノレン酸という油は、体内でEPAやDHAを合成し、肌の炎症を抑

アトピーと食べ物[2012年11月10日UP!]

日本人の食生活で、戦後もっとも変化したのは、脂肪の摂取量であると言われます。 言い換えれば、野菜や魚の消費が減り、逆に肉類の消費が増えたとい

アトピーと食べ物[2012年11月10日UP!]

アトピーと化粧水

症状について

原因について

対策について

治療方法について

サイトマップ